インプラントで抜けた歯を補おう|費用は控除の対象です

歯茎にフィットする

歯型

歯が抜けてしまった部分に入れ歯をしたいと考えている人は、東京で自費診療の入れ歯を作る歯科を探しましょう。保険診療の入れ歯は自分の口に合わせるのが難しいのですが、自費診療のものなら綺麗にフィットします。

もっと見る

治療の概要と費用

治療器具

歯を失ってしまった場合、そのまま放っておくといろいろな不具合を起こしてしまうことがあります。例えば、抜けている部分の左右の歯がだんだん傾いてしまったり、上手く物が噛めずにかみ合わせが悪くなってしまったり、顎や他の歯に負担をかけてしまうこともあるでしょう。発音に影響が出る場合もあるので、なるべくそのままにせず人工歯を取り付けるようにしましょう。横浜にある多くの歯科では歯の抜けている部分にインプラントを入れる治療が行なわれています。インプラントというのはチタンという金属でできた装置で、これを顎の骨と結合させることでしっかりとした人工歯の土台を作ることができます。土台にアバットメントと呼ばれる接合部分を取り付け人工歯をくっつければ、自分の本来の歯と変わらない力で物を噛むことができるでしょう。また、横浜の歯科では人工歯にセラミックやジルコニアという白い素材を使うので見た目も不自然にはなりません。
横浜のほとんどの歯科はインプラント治療の費用を一本単位で計算しており、一本の治療費として約40万の費用がかかります。これには検査や診療代はもちろん、特殊なインプラント器具や人工歯などいろいろな費用が含まれているのです。この大きな費用を現金や一回で支払えないという人のために、横浜の一部の歯科でクレジットカードが使えるようになっています。また、かかった費用は確定申告を行なうことで医療費控除として申請することができるのです。こういった説明を聞くためにも、横浜の歯科でインプラントの相談をしましょう。

口の中の着色

歯と医療機器

歯の色が気になる人は福岡にある歯科でホワイトニングを行なうといいでしょう。ラミネートベニアという方法もありますが、それだと歯を削らないといけません。ホワイトニングは薬剤で色を分解するのでその心配がないのです。

もっと見る

被害を拡大させない

治療

虫歯になると歯が抜けてしまう可能性があります。ズキズキと痛む虫歯は根管治療で治しましょう。根管治療を行なうことで周りの歯への影響を防ぐことができます。また、自分の歯を残しておくことにも繋がります。

もっと見る